×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



「偽者ぶりを証明している言葉」にツッコミ!・・・伊勢白山道さま

 教祖様によると、1番滑稽で自身の偽者ぶりを証明している言葉があらしい。

●詳細&ツッコミ

 下記は、「既に居るんですよ」と題されたブログ記事の抜粋である。 
《2010年2月4日ブログ本文》
 今、心が苦しい人が多いです。
 自分の心を「変える策」ばかりを考えるから、苦しいままなのです。
 「このままでは生けない」と焦りますと、結局は行動の1歩が出せ無いまま、心が漏電したまま時間だけが過ぎます。
 「このままの中でも感謝すべき事が在るはずだ」に、
意識のベクトルを変えると良いです
 その場から逃げる策よりも、その中でも感謝すべき事に
「気付き」維持することが、逆に救いの他力を発動させるのです。
 現状の中での
「有り難い事」に気が付ければ、その人は既に大丈夫です。すると、自然と「頑張ろう」と無理なく歩き出せます。


 精神世界の先生の発言で1番滑稽で自身の偽者ぶりを証明している言葉があります。
 
「悟りましょう」「変わりましょう」「目覚めましょう」「私に会いに来なさい」「どこそこに行きなさい」。。。この様な事を言う先生の両目の奥にはが在るだけです。
 
今の自分の現状から「変わろうとする」限り、霊的本質から離れているのが真相です。
 
今の自分の現状の場以外に、悟りの場は無いのです。もう既に、自分は行くべき所に居る事を気付くべきなのです。
 だから、慌てないでも良いです。

(注)文字に色を付けたのは管理人(以下、同様)
 教祖様によると、「精神世界の先生の発言で1番滑稽で自身の偽者ぶりを証明している言葉があり」、その言葉として上げられているのが、以下の5つ。

   「悟りましょう」
   「変わりましょう」
   「目覚めましょう」
   「私に会いに来なさい」
   「どこそこに行きなさい」

 
そして、「この様な事を言う先生の両目の奥にはが在るだけ」らしい。


 ・・・・ (−−;)ゞ

 教祖様は、自分がこれらの言葉、もしくは、それに類する言葉を使っていないとでも思っているのだろうか。。。


 これら5つの言葉について、順に見て行こう。

「悟りましょう」

 同じ文章内にある、

    「今の自分の現状の場以外に、悟りの場は無いのです」

と言うのは、裏を返せば、
「今の自分の現状の場で、悟りましょうと言うことである。


「変わりましょう」

 同じ文章内にある

    「意識のベクトルを変えると良いです」

と言うのは、
「意識のベクトルを変えましょうと言うことである。

 また、教祖様の本の題名、

  『読むだけで人生が
変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典 』

これは、
「読んで、人生を変えましょうと言うことである。


「目覚めましょう」

 同じ文章内に、

   「『有り難い事』に気が付ければ、その人は既に大丈夫です」

とあるが、「気が付く」というのは、言わば、「目覚める」と同義語みたいなものである。気付いて目覚めるのだから。

 また、同じ日のブログの、教祖様の本の宣伝文句で、
《2011年2月4日ブログ》
簡単な表現の文章ですが、強い改善力を目覚めさせる本です。
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」

なんてふうに、「目覚めさせる」という言葉をキャッチ・コピーに使っている。これは、裏を返せば、「強い改善力を目覚めさせましょう」と言うことである。


「私に会いに来なさい」

 表に出て来ない教祖様からは、さすがに、この言葉そのものは出て来ないが、これは、
「自分のブログにアクセスして記事を読みなさい」とか、「自分の本を読みなさい」と言うことと基本的に同じである。
 また、直接会う代わりに、ブログのコメント欄で個別の相談に応じているのだろうに。
《2011年2月4日ブログ コメント欄 2011-02-04 17:19:12 》 (※他、多数の同様のコメント)
「だいじょうぶ!「幸せの神様」が微笑んでいる」本、「読むだけで人生が変わるたった一つの方法―伊勢白山道Q&A事典」を何回も再読してください。
《2011年2月4日ブログ》
個人的な相談はメールでは無く、コメント欄でお願いします。


「どこそこに行きなさい」
『内在神への道』 伊勢白山道・ナチュラルスピリット P.96
皆さん、一度でも良いから伊勢神宮の外宮に行って下さい。



 以上、
「語るに落ちる」(*)とは、まさにこのことであるが、昔の記事ならともかく、同じ文書内ですら、矛盾をきたして辻褄を合わせられない教祖様。。。

  (*)問い詰められるとなかなか言わないが、勝手に話させるとうっかり秘密をしゃべってしまうこと



 さて、何故、教祖様は、上記のような矛盾したワケの分からないことを言ったのだろうか。

 結論から言えば、それは教祖様が、

    「自分自身の言っていること、やっていることを、良く理解できていない」

からである。

 上記ブログ記事を見ても分かるように、教祖様は、自分の主張が
「変わらなくていい、現状のままでいい」だと思っているようだ。
 だからこそ、「悟りましょう」、「変わりましょう」、「目覚めましょう」をNGワードとしてあげているのだし、また、はっきりと、

    「今の自分の現状から『変わろうとする』限り、霊的本質から離れているのが真相です」

とまで言っている。教祖様は、
「変わらなくていい」「霊的本質」だと思っているようだ。


 しかし、果たして、本当にそうだろうか。

 それは、明らかに、自分の考えを誤って認識している。

 もし、本当に、
「変わらなくていい、現状のままでいい」のであれば、例えば、「現状を否定し、恨みごとばかりを言っている現状」があっても、それは「変わらなくていい」はずである。

 教祖様は、そのような現状の人がいたら、「変わるべき」だと思っているから、感謝を推進している。

 また、教祖様は、「内在神への気付き」「先祖供養」を推進しているが、それも、「外の神様ばかりに目が向いている現状」や「先祖霊をないがしろにしている現状」を変えるべきだと考えているからである。

 そもそも、本当に、
「変わらなくていい、現状のままでいい」と考えているのであれば、自分の教えを広く伝えようとしていることこそが、自己矛盾である。
 現状に問題があると思い、それを変えようとしているからこそ、やっていることであろうに。


 このように、教祖様は、本当は、
「変わらなくていい、現状のままでいい」などとは思っていない。

 では、何故、

    「今の自分の現状から『変わろうとする』限り、霊的本質から離れているのが真相です」

とまで言い切ってしまったのだろうか。

 それは、おそらく、教祖様が推進している教義の一つである、「現状を受け入れましょう」にある。

 これは、本来は、
「現状を否定し、恨みごとばかりを言っていても仕方ありませんよ」と言うような意味である。別に、「現状を全く変えなくていい」と言うものではない。

 しかし、教祖様の頭の中では、以下のような連想ゲームで、「現状を受け入れましょう」の内容が「変わらなくていい」へと変遷し、その意味をも包含するようになったのだと思われる。

    「現状を受け入れましょう」 → 「現状のままでいい」 → 「変わらなくていい」

 さらに、教祖様は、自分と「精神世界の先生」との違いを、この観点から識別できると思い付いたのだろう。
 それは、次のような対比である
自分 ・・・ 「変わらなくていい」 ・・・ 正しい
精神世界の先生 ・・・ 「変えようとする」 ・・・ 誤り
 その結果として出てきたのが、以下の文章である。
 精神世界の先生の発言で1番滑稽で自身の偽者ぶりを証明している言葉があります。
 「悟りましょう」「変わりましょう」「目覚めましょう」「私に会いに来なさい」「どこそこに行きなさい」。。。この様な事を言う先生の両目の奥にはが在るだけです。

 先にも述べた通り、教祖様は、本当は「変わらなくていい」なんてことは思っておらず、特定のケースについては「変わるべきだ」と思っている。

 つまり、実際のところは、教祖様も「精神世界の先生」も、現状から何かを変えようとし、また、「変わるべき」だと考えている点では全く同じ。

 違いがあるとすれば、
「どの程度まで変えようとしているか」という程度の違い、もしくは、「どの点を変えようとしているか」という変更箇所の違いでしかないのである。

 そして、それを理解せずに、
「自分は、『精神世界の先生」とは違い、『変わらなくていい』と考えている」と勘違いしているから、上記のような、矛盾し、むしろ、自分の滑稽ぶりをアピールする文章を書くことになるのである。



2011.3.4 新規

    精神世界
   (※「AIRランキンク」゙さんの精神世界ランキング。クリックすると、当HPに一票入れたことになります)


教祖様は時々、自分で自分自身の偽者っぷりをアピールするよナ。

ウケ狙いで、分かってやってるんだよナ?