×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



「太陽電磁波が水道管を破損させる」にツッコミ!・・・伊勢白山道さま

 教祖様によると、太陽電磁波が気圧を変化させ、水道管を破損させるらしい。

●詳細&ツッコミ

 教祖様のブログには、太陽電磁波がしばしば出てくる。

 今までも教祖様は、「太陽電磁波が波動爆弾となって大気層を押す」などと言い出したりして(※記事「『太陽電磁波の波動爆弾』にツッコミ!」を参照)、楽しい霊視結果を提示してくれているのだが、以下の記事もまた太陽電磁波の影響に関するものである。
《2011年2月19日ブログ本文》
 2月15日の太陽黒点100個の発生(http://swc.nict.go.jp/sunspot/)で認識した興味深い現象がいくつかあります。
 
室内でも、飛行機の離着陸時のような気圧による鼓膜への影響を感じていました
 約2年前の過去記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20090227)でも記述していますが、太陽電磁波が地表の部分的な気圧を変化させることを体感しました。この影響により、

 めまいやフラつき・耳鳴りを感じる人が今年から増えていると思います。

(注)青字にしたのは管理人(以下同様)
 教祖様は、太陽電磁波による気圧の変化を感じることができるらしい。さすがである。

 また、教祖様は、次のように、太陽電磁波の影響として水道管の破損をあげる
《2011年2月19日ブログ本文》 (※少し飛ばして、上記の続き)
 この日の前後に、マンションなどで水道管からの漏れが頻発した報告があります
これも正に、太陽電磁波による気圧の変化を受け、水流への部分的な過剰な加圧が原因だと感じます。
 太陽黒点は、現実的な圧力を与えだしているのです。
 確かに、2月15日に観測された太陽黒点の数は100個。そして、黒点が増えるほど太陽の活動は活発化しているから、この時、通常より多くの電磁波が放出されたことだろう。

 しかし、本当に、教祖様の言う通り、太陽電磁波によって水道管の破損が起こっているのであろうか。(※教祖様は「水道管からの漏れ」としか言っていないが、「過剰な加圧」によって水道管が破損し、それによる漏れであると思われる。)

 検証してみよう。

 以下は、2月19日までの1ヵ月間の太陽黒点数と、水道管破裂・破損・漏れ等のニュースをまとめたものである。
日付 太陽
黒点数
水道管
破裂事故
備 考
2011 01 21 42
2011 01 22 36
2011 01 23 38
2011 01 24 28
2011 01 25 27
2011 01 26 25
2011 01 27 0
2011 01 28 27 大阪市
西淀川区
毎日jp「水道管破裂で道路冠水 大阪
2011 01 29 27
2011 01 30 22
2011 01 31 21 横須賀市 カナコロ「交差点で水道管破裂、周辺道路が一時通行止め/横須賀
岡山市 産経ニュース「水道管凍結や破裂が相次ぐ 岡山市
米子市 日本海新聞「智頭で氷点下12.7度 鳥取県内厳しい冷え込み
2011 02 01 22
2011 02 02 22 広島県
呉市
世界水の事情「広島県呉市 架橋工事現場近くの水道管破裂により送水停止。3万5000世帯が断水
帯広市 十勝毎日新聞社ニュース「給水管破損し道路冠水
2011 02 03 32
2011 02 04 45
2011 02 05 26
2011 02 06 41
2011 02 07 28
2011 02 08 71
2011 02 09 67
2011 02 10 38
2011 02 11 54
2011 02 12 63
2011 02 13 84
2011 02 14 90 大阪市
西淀川区
毎日jp「水道管破裂:西淀川でまた 3棟が床下浸水 /大阪
2011 02 15 100
2011 02 16 51
2011 02 17 51
2011 02 18 101
2011 02 19 79
※太陽黒点数は「swc宇宙天気情報センター」のページより取得(2011.2.20時点)
※水道管破裂事故のニュースは、ネット検索によって取得したものなので、漏れがある可能性あり
※教祖様は2月15日の「前後」と言っているが、後のものは見つけることができなかった。

 上記表を見れば分かるように、太陽黒点の数と、水道管破裂事故との因果関係は見当たらない。

 ただし、これは、報道されたものだけなので、
「因果関係が無い」と言い切るには弱いと思われる。
 何故なら、報道されるのは、主に、多数世帯の断水や道路冠水などの大きな影響が発生したものであり、実際にどの程度の件数の水道管破損が起こったかは分からないからである。もしかすると、発生件数だと、黒点の数との因果関係があるかもしれない。

 そして、残念ながら、全国規模での件数は分からなかったが、以下の通り、2011年1月の熊本市での件数を見つけることができた。
《熊本市上下水道局HP 「【要注意】1月の寒波による水道管の凍結、破裂について」》 
1月に入り、厳しい寒さが続き水道管の凍結による破裂受付件数が365件にのぼっています。
特に受付件数が多かった日は次のとおりです。
     1月 8日 (最低気温−3.3℃) 28件
     1月16日(最低気温−3.8℃) 70件
     1月17日(最低気温−5.1℃) 183件 
     1月18日(最低気温−3.1℃) 42件
     1月31日(最低気温−3.4℃) 14件 
※合計件数が365件にはならないので、発生件数が少ない日は省略したものと思われる。

 今度は、この数値と太陽黒点数の関連を見てみよう。
日付 太陽
黒点数
破裂受付
件数
2011 01 01 65
2011 01 02 38
2011 01 03 51
2011 01 04 54
2011 01 05 50
2011 01 06 28
2011 01 07 52
2011 01 08 52 28件
2011 01 09 50
2011 01 10 35
2011 01 11 26
2011 01 12 23
2011 01 13 14
2011 01 14 11
2011 01 15 11
2011 01 16 15 70件
2011 01 17 36 183件
2011 01 18 34 42件
2011 01 19 28
2011 01 20 32
2011 01 21 42
2011 01 22 36
2011 01 23 38
2011 01 24 28
2011 01 25 27
2011 01 26 25
2011 01 27 0
2011 01 28 27
2011 01 29 27
2011 01 30 22
2011 01 31 21 14件
※黒点数は「NOAA Space Weather Prediction Center」のデータを使用
 やはりと言うか、当然と言うか、何の因果関係も見当たらない。

 そもそも、水道管破裂は凍結や老朽化が主な原因であり、冬になれば水道管破裂など、各地で頻繁に起こるものなのである。

 なお、教祖様は「この日の前後に、マンションなどで水道管からの漏れが頻発した報告があります」と言っている。
 残念ながら、この発言の根拠となるものは見つけることができなかったが、念の為、2月の気温を確認してみよう。(※取得した気温は、教祖様が中部地方に住んでいるらしいので、
名古屋市のものにした。)
日付 最低
気温
(℃)
最高
気温
(℃)
2011 02 01 -0.6 8.9
2011 02 02 -1.0 9.7
2011 02 03 -0.5 13.4
2011 02 04 1.4 12.3
2011 02 05 1.0 12.2
2011 02 06 0.8 11.0
2011 02 07 4.0 13.2
2011 02 08 0.2 11.3
2011 02 09 3.4 11.1
2011 02 10 1.5 9.1
2011 02 11 -0.2 3.6
2011 02 12 0.8 8.9
2011 02 13 0.5 7.1
2011 02 14 -0.8 7.0
2011 02 15 0.9 8.8
2011 02 16 -1.2 13.0
2011 02 17 2.7 12.8
2011 02 18 3.6 12.1
2011 02 19 1.1 11.9
※気温は、気象庁のHP 「日ごとの値」より取得(2011.2.20時点)
 最低気温に注目して欲しい。2月15日の前後の最低気温は共に氷点下。2月で1位と3位の最低気温となっている。

 よって、教祖様が聞いたと言う、「水道管からの漏れが頻発した報告」の原因は、太陽電磁波ではなく、気温であろう。


 以上、太陽電磁波が水道管の漏れを発生させるなどと言うのは、全くのデタラメ。

 教祖様は、太陽黒点が100個だった日の近辺の出来事を見渡し、たまたま発生していた水道管の漏れのニュースを見つけて、安易に結びつけたに過ぎないのである。



2011.2.23 新規

    精神世界
   (※「AIRランキンク」゙さんの精神世界ランキング。クリックすると、当HPに一票入れたことになります)


鼓膜の異常を太陽電磁波のせいにしてないで、病院に行った方がイイんじゃないのカ?





 伊勢白山道さまにツッコミ!