×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



「魔界は日付を言う」にツッコミ!(その1)

 下記記事でツッコんだ通り、東日本大震災(2012.3.11)が発生した後、教祖様は、「ほんとは起きることを知ってたんですよ〜」とアピールし始めたのであるが、知っていて何故、そのことを事前に明確に告知しなかったのか。

   ○記事 : 「『予言が当たりましたよ』アピール」にツッコミ!


 教祖様自身がその理由を記載しているので、それを見てみよう。以下は、東日本大震災発生後にアップされたブログ記事である。 
《2011年3月11日ブログ本文より》
 昨年の12月15日の記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20101215)において、記事の最後に書きました
 「来年の春3月ごろには、また節目が来るかも知れませんが、なんとか泳いで行くでしょう。」

 今週の3月7日の月曜日に書きました地震対策( http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20110307)
などの事前の告知は、
日本人の不要な心配の思いの磁気が、2次災害を引き起こし、過大な災難を新たに創造することを、神示は懸念していました。だから、慌てないことが大切です。

 ここは、過去記事で告知されたことを、いつもどおりに実践して行くことが、大難を小難にします。
 たんたんと、対応して行きましょう。そうすれば、絶対に大丈夫です。

(※管理人注)文字に色を付けた管理人(以下、同様)
 上記では、過去のブログ記事を持ち出して来て、「ホントは、東日本大震災を予知できてたんですよ〜、ほら、来年の3月頃に節目が来るって言ってたでしょ〜」という旨のアピールがなされている。

 そして、知っていながら、事前に明確に告知しなかった理由として、「不要な心配の思いの磁気が、2次災害を引き起こし、過大な災難を新たに創造する」と記載されている。



 続いて、翌月1日のブログにも、本件に関する言い訳が記載されているので見てみよう。。
《2011年4月1日ブログ本文より》
 今回の3月11日(金曜日)の大地震の前後の話を書いて置こうと思います。
 毎日の記事と言いますのは、朝日が出た後に感じる内容を書いています。3月1日〜からの記事を見て頂きますと分かりますが、
大震災とは無関係な記事が続いていました。しかし、なんらかの覚悟を準備させる内容でした。
 そして、大震災の四日前に書いた3月7日(月曜日)の記事(http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/d/20110307)を書いた時に受け取っていた神示の内容は、「もう変えられない。とにかく大地震への“対策”を書きなさい。それが最善。」でした。
 ただし、
ストレートに書きますと、多くの人間が出すその不安感は、震災被害を数倍に増幅させるエナジーを幽界(ゆうかい:この現実界に並行して存在する次元。この世に現れる状況が先に出現することがあります。)に形成させるとのことでした。
 つまり逆なのです。
予言などしても、物事を悪化させることは有っても、改善させることは無いのです。逆に予言を非難する気持ちを増幅させるだけです。
 こちらも、上記の3月11日の記事と同様、「ホントは、東日本大震災を予知できてたんですよ〜」とアピールするものであるが、大震災とは無関係な記事しか書かなかった理由として、次のことが上げられている。

    ○「ストレートに書」くと、「多くの人間が出す不安感は、震災被害を数倍に増幅させる」

 3月11日と同様の理由である。

 さらに、「予言などしても、物事を悪化させることは有っても、改善させることは無いのです」と言い切る教祖様。

 言い切っちゃいましたねぇ。。。

 東日本大震災発生後は、あれほど、ポンポンと予言していたクセに。

《2011年3月11日ブログ コメント欄》
注意です。油断できません。 (伊勢白山道リーマン “実名表記はボカしてね”)
2011-03-11 15:11:55

太平洋側の大断層が、今、首の皮1枚で止まっています。
《2011年3月11日ブログ コメント欄》
これが、まだ余震の可能性あります (伊勢白山道リーマン “実名表記はボカしてね”)
2011-03-11 15:42:04

以前から言います、土日は絶対注意です
《2011年3月12日ブログ コメント欄》
注意報50% (伊勢白山道リーマン “実名表記はボカしてね”)
2011-03-12 11:47:20

気温上昇の温度差が出始めてますので、
関東圏は注意しましょう
《2011年3月13日ブログ コメント欄》
気温差が出てます。地震注意報60% (伊勢白山道リーマン “実名表記はボカしてね”)
2011-03-13 09:10:08

今日は全国的に気温差が発生しそうです。

すでに地磁気が高いので、注意です。

特に太平洋側です。東海・近畿圏も油断しないように。

《ブログ コメント欄 2011-04-05 09:47:01》
防災意識60% (伊勢白山道リーマン “実名表記はボカしてね”)
2011-04-05 09:47:01
今日も気温差が出ています。
中部でも地磁気が強く、頭痛がする人が多いです。

太平洋側の全体は、今日も防災意識を持って行動しましょう。午前11時〜夜
《ブログ コメント欄 2011-04-06 17:02:57》
九州も注意 (伊勢白山道リーマン “実名表記はボカしてね”)
2011-04-06 17:02:57
やはり電磁波が強いです。
明日から週末は注意しましょう
関東だけの問題ではないです。
 思いっきり、予言しまくってるじゃん。

 「予言などしても、物事を悪化させることは有っても、改善させることは無い」じゃないんですか?

 また、「不要な心配の思いの磁気が、2次災害を引き起こし、過大な災難を新たに創造する」「ストレートに書」くと、「多くの人間が出す不安感は、震災被害を数倍に増幅させる」などとも言っているクセに、言ってる本人が、「太平洋側の大断層が、今、首の皮1枚で止まっています」などと言って、
思いっ切り不安を煽っている。

 ホント、いい加減な人ですねぇ。。。

 もしかして、教祖様の脳内では、これらは注意喚起に過ぎず、予言には当たらないのだろうか?(そんなことはないと思うが)
※上記にあげたのは一部のみであり、教祖様の他の予言は以下の記事を参照
「長野県北部地震を当てた!」にツッコミ!
「防災意識○○%」にツッコミ!

「6月9月日本壊滅!」にツッコミ!(その1)
「6月9月日本壊滅!」にツッコミ!(その2)
「6月9月日本壊滅!」にツッコミ!(その3)

 さらに、3日後の4月4日のブログ記事を見てみよう。
《2011年4月4日ブログ本文より》
最近に気に成るのは、千葉県の房総半島の付け根を流れる利根川です。(http://flood.firetree.net/?ll=35.7643,140.2762&z=7&m=20)
標高20mで設定した地図を見ますと、今の利根川は海の一部に変化します。霞ヶ浦などとも一体化して、太古の様相を思わせます。沼の名称が付く地域との関係性も見て取れます。
今回の東北海岸沿いの津波の被災地域と、標高20m地図の水没地図は、見事に細部まで一致していました。

首都を守る防災意識の観点から、利根川と国道356号線が走る地域の勉強をしてみたいと思います。中部に住む人間には、馴染みのない川ですので。
私の信念に、想像「出来た」悪い事は「起こらない」。大難は無難に成ると思っています。
津波も数時間だけ避けることが出来れば、大丈夫と成ります。

これからは、防災意識を全員が持てば、日本は安泰です。日本が防災大国に成れば、そのノウハウは外国にも輸出できて、外貨を稼げます。
何でも忘れることが災難を呼びます。先祖も忘れない事が、一番に大切だと思います。
 今度は、「私の信念に、想像『出来た』悪い事は『起こらない』。大難は無難に成ると思っています」と言い出した。

 何なんだよ、その信念は。。。

 もし、本当に「想像『出来た』悪い事は『起こらない』」のなら、東日本大震災が起きる前に、
「3月11日に、東北地方に超巨大地震が発生する危険大」とでも書いとけば、皆、想像出来て、東日本大震災も起きなかったじゃんか。

 また、「予言などしても、物事を悪化させることは有っても、改善させることは無い」と言い切ってたのは、いったい何なの??


 そして、4月1日には、「ストレートに書」くと、「多くの人間が出す不安感は、震災被害を数倍に増幅させる」と言ってたくせに、4月4日には、上記の通り、津波被害について具体的な地域を指定して記載している教祖様。

 何を言っているんだ、アンタは!?


 さらに、さらに、以下は、その13日後のコメント欄での信者と教祖様のやりとりである。
《2011年4月17日ブログ コメント欄 2011-04-18 00:17:25》
Unknown (伊勢白山道リーマン “実名表記はボカしてね”)
2011-04-18 00:17:25
質問 (Unknown)
2011-04-17 21:06:46
記事やコメントを見ていると結局地震がいつ起こるか?は眷属神との約束で書けない、書けば不安が被害を大きくすると言うことでしょうか?ならば直近の記事などで準備しておけば良いとの認識で良いですか


。。。今日の記事は神示です。朝早くUPするように昨夜から示されました。

写真が無いので困っていましたら、朝のメールで翻訳者さんが気になって英字のアドレスを送って来られました。

未来は白紙です。
ただし、今も調整を懸命に神界でされています。

日付を言いますと、余計に転写の悪影響します。魔界は日付を言い、不安磁気で被害を拡大させます。

今は、防災意識で消しゴムの最中です。綱引き中です。

(※管理人注)ピンク色の箇所は、教祖様が信者のコメントを引用したもの(以下、同様)
 信者からの、「何でもお見通しの教祖様が、なぜ、地震が起きる日付を言ってくれないのか」という旨の質問に対しての教祖様の回答。

 「日付を言いますと、余計に転写の悪影響」するらしく、また、「魔界は日付を言い、不安磁気で被害を拡大させ」るそうだ。

 先に引用した通り、教祖様自身が、「明日から週末は注意しましょう」「今日も防災意識を持って行動しましょう。午前11時〜夜。」などと言ってたクセに。

 日付どころか、時間まで言っちゃってますヨ!

 まさか、
「『日付』そのものを言わずに、『明日から週末』などと言った表現だった良い」という理屈でもあるまい。

 一応、参考までに、教祖様が、より明確に日付を指定したケースも引用しておこう。
《2007年7月17日ブログ コメント欄 2007-07-17 20:41:15》
●● (リーマン)
2007-07-17 20:41:15
どうもです。

震源の深さが普段耳にしないような深さで
・・・そうなんですね。

いたずらに、恐怖心を煽るのは本意では無いですが
7月18日の現象が、8月18日前後の関東へ。
裏日本から表日本への移行を感じます。


これらが、外れるように地球霊へ祈ります。


(※管理人注)「リーマン」は教祖様のハンドルネーム。
信者のハンドルは伏字にした

 これは、2007年7月16日に新潟県中越沖地震(M6.8)が起きた翌日のブログ記事への教祖様のコメントである。

 「8月18日前後の関東へ」って、思いっ切り日付を言っちゃってますよ。予言もしちゃってますよ。

 やっぱり、教祖様は魔界の側の人間だったのですネ!(笑)




 以上、言っていることと、やっていることが無茶苦茶な教祖様。

 既にお分かりだと思うが、
教祖様は、その場その場で適当なことを言っているだけなのである。


 自分も日付指定で予言して、不安を煽っておきながら、

  「ストレートに書」くと、「多くの人間が出す不安感は、震災被害を数倍に増幅させる」
  「予言などしても、物事を悪化させることは有っても、改善させることは無いのです」
  「魔界は日付を言い、不安磁気で被害を拡大させます」

などと言いい、一方で、

  「私の信念に、想像『出来た』悪い事は『起こらない』。大難は無難に成ると思っています」

などとも言ったりもする。


 教祖様は何故、自分の行動を省みることなく、このような矛盾したことを平気で言えるのであろうか。

 (その2)では、その理由について考察してみたい。



2012.9.25 新規

    精神世界
   (※「AIRランキンク」゙さんの精神世界ランキング。クリックすると、当HPに一票入れたことになります)


よくもまー、ここまで矛盾した言動ができるものダナ。