×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



幣立神宮さまにツッコミ!

幣立神宮(へいたてじんぐう)様 プロフィール 
<所在地> 熊本県上益城郡山都町大野

<主祭神> 神漏岐(かむろぎの)(みこと)
        神漏美(かむろみの)(みこと)
        大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)
        天御中主(あめのみなかぬしの)大神
        天照大神

<創 建> 1万5千年前 (※自然崇拝の時代も含む)

<由 緒>  宇宙神が日の玉に移って降臨して木の梢に宿り、そこに宮をつくって宇宙神を祀ったのが始まり。

<その他>昭和40年代〜50年代に
「天下一家の会事件」なるネズミ講の事件に関与。(※詳細は、記事「『青年地球誕生』にツッコミ!(その7)」を参照)


春木秀映(はるきしゅうえい)様 プロフィール>
○幣立神宮 先代宮司
○明治36年(1903年)7月20日、熊本県阿蘇郡蘇陽町大野(現:熊本県上益城郡山都町)に生まれる。
○海軍兵学校を受験しようとするが、心身を痛め断念。
○2年間病を癒した後、軍隊に入隊
○2年後、台湾で警察に就職
○2年後、文官高等試験の受験の為に日本に戻るが弟の病気の為、延期になり、熊本県警に就職。
○昭和9年(1934年)1月、実家の幣立宮祀職を継承。
○神界より「神業皆伝証書」を授与される。
○平成11年(1999年)2月逝去。

春木伸哉(はるきしんや)様 プロフィール>
○幣立神宮 現宮司
○春木秀映様の息子

(参考) 『青年地球誕生』(春木秀映・春木伸哉/明窓出版/1999)、『青年地球誕生 第二集』(春木伸哉/明窓出版/2012)




●著書にツッコミ!
内 容 概 要 等 更 新 日
『青年地球誕生』(その1) 1万5千年の伝統を持ち、人類文化創造の原点である幣立神宮とは・・・ 2013.01.01新規
『青年地球誕生』(その2) 2013.01.08新規
『青年地球誕生』(その3) 2013.01.15新規
『青年地球誕生』(その4) 2013.01.22新規
『青年地球誕生』(その5) 2013.01.29新規
『青年地球誕生』(その6) 2013.02.05新規
『青年地球誕生』(その7) 2013.02.12新規
『青年地球誕生』(その8) 2013.02.19新規